トップ画像
  • NEWS

     

    「韓国訪問の旅」参加者募集いたします。

     今年度の韓国訪問では、世界記憶遺産登録申請で話題の「朝鮮通信使」が辿ったソウルから釜山までのコースを設定しました。岸和田市にもゆかりの朝鮮通信使がたどった、観光では訪問することの少ない訪問地を巡ります。大勢の参加者で盛り上がる訪問にしたいと思います。参加申込をお待ちいたしております。


    朝鮮通信使の足跡を辿る 

     朝鮮通信使は、ソウル(当時は漢陽)を出発し、釜山までの陸路を2ヶ月かけて徐々に隊列を整えながら進みました。ソウルから釜山までの主な経路は、次のようでした。

    漢陽◇陽才◇龍仁◇竹山◇龍安◇忠州◇安保聞慶関門◇幽谷◇安東◇醴泉◇義城◇新寧◇永川◇慶州蔚山◇東來釜山

     今回は青色文字の4箇所を中心に巡ります。

    日程:2016年11月17日(木)~19日(土) 

     旅程案 11月17日(木)

        7:30 関西国際空港集合 

        9:30 大韓航空 KE722 

          11:25 仁川国際空港・・・バスで移動、市内で昼食の後に永登浦区へ(区庁長など表敬訪問予定)

         16:00 宿泊地 聞慶に向けて出発、途中で夕食を摂ってからホテルへ

    宿泊予定聞慶観光ホテル・・・嶺南と漢陽につながる聞慶セジェ道立公園内に位置し、主屹山などの優れた

                       自然環境を前に、新鮮な空気と静かなホテル。

                       KBSドラマ「太祖王建」の撮影チームやタレントも利用した所です。

        11月18日(金) 

       聞慶(ムンギョン)・・・都鄙を往復する官吏、行商人の隊列、日本に向かう朝鮮通信使の一行、

                 壬辰倭乱の際には秀吉軍もここを越えた。聞慶市の詳細はコチラ

    聞慶市ホームページより

         聞慶(ムンギョン)セジェ道立公園は鳥も飛んで越えるのが難しい険しい山にある三つの関門が

       ある公園で「推奴(チュノ) 」「トキメキ☆成均館スキャンダル」「王女の男」「馬医」などのヒットドラマ

       の撮影地として有名です。   

    聞慶市ホームページより

       聞慶セジェ博物館・・・古道の博物館

             ※蔚山に向けて移動   

     蔚山(ウルサン)では最初の朝鮮通信使として有名な李藝(イ・イェ)を祀るために建てられた

      石渓書院を見学し、李藝の子孫の方の話をお聞きします。

    対馬観光物産協会ブログより

     また、「李藝」に関する展示がある「龍淵書院」を見学します。

     李藝(イ・イェ)についての詳細はコチラ

      参考:下記のような本が出版されています。

      「最初の朝鮮通信使 李藝(イ・イェ)」金住則行著

        「玄界灘を越えた朝鮮外交官 李芸  室町時代の朝鮮通信使」嶋村 初吉(編著・訳) 

    宿泊予定ロッテシティーホテルウルサン・・・韓国最大の工業都市蔚山の新市街地に2015年6

    月オープン。354室の蔚山最大規模のホテル。

         11月19日(土)         

       ホテルでの朝食後に倭城跡を見学し、釜山に移動します。

       西生浦(ソセンポ)倭城跡・・・文禄・慶長の役で加藤清正により、現在の蔚山広域市蔚州郡に

        築かれた倭城(日本式の城)跡で、ここでの築城を参考に熊本城を建てたと言われています。

    対馬観光物産協会ブログより

        ※行程の都合により黒田長政が築城・在番した機張倭城に変更になる可能性があります。

         ご了承ください。

       朝鮮通信使歴史館・・・2階建てで、入口に日本で収集した通信使人形が飾られ、なかに入ると、

        3Dでフィルムを鑑賞できる。1711年の使節が当時江戸まで往復する様子を描く。2階には

        ソウルから江戸までの地図を描いた大型模型や、通信使の船の縮小模型や馬上才(曲芸)の様

        子などが飾られており、江戸時代の日朝交流の様子がしっかり伝える陳列となっています。

        朝鮮通信使歴史館のホームページコチラ

       永嘉台(ヨンガデ)・・・朝鮮通信使が日本に向かう時、航海の安全のために海神祭を執り行う

        場所として利用されていたが、その景色に趣きがあり、あまりに美しいため官吏たちがここで

        風流を楽しんだ。1904 年の京釜線鉄道敷設のために縮小となり、その後消えた。

        現在、子城台に永嘉台が復元されています。

       竜頭山公園(草梁倭館跡)・・・15世紀、日韓交易の拠点として半島南部には3ヶ所の港(日

            本人居留地)が設けられていた。1678年、それらを統合してこの地に移した。

      草梁倭館は総面積10万坪の広大な敷地で、江戸時代日本の唯一の在外公館として、常時400

            から500人もの対馬藩の人々が、外交・貿易の仕事に従事していた。倭館はその後約200年間

            存続したが、1876年以降は日本人専管居留地と変わった。特に見学する遺構もありませんので

      今回は観光の時間をとりませんが、イメージ図の左下の塀で囲まれたエリアが草梁倭館で中央

      の小高い丘が釜山タワーのある竜頭山公園です。

       センタムシティー(免税店)や土産物店(韓国食料品店)にて

      ショッピングを楽しんだ後に空港へ

        17:10 大韓航空KE759にて釜山から関西国際空港へ

    18:30 関西国際空港着、通関後解散

      上記は予定です。スケジュールの関係で変更する可能性があります。

      ご了承願います。

     食事:朝2回、昼3回、夜:2回

     利用航空会社:大韓航空(KE0722 関空9:30頃出発、KE0721関空20:50頃着予定)

     参加費(一人あたり):90,000(2名1室の場合):一人部屋追加代金30,000

     参加費は20名参加を基準に算出しています。参加者の増減により変動する可能性

     があります。ご了承ください。

     ※大阪から旅行社が添乗同行します。現地ガイドが仁川空港から同行案内。

      移動は全てバスを予定しています。

     ※申し込み:同封の用紙に記入の上、

      直接旅行社:株式会社新日本旅行(岸和田市西之内町65-26)

      担当:村田 誠(072-438-6300)氏までFAX(072-438-1122)でお申し込みください。

     ※追加で席を確保するのは難しいので、予定が決まらない方はとりあえず

      申し込んでください。1ヶ月前まではキャンセル料は発生しません。

     参加申し込み締め切り9月30日(金)

     ※参加費支払い:9月30日(金)までに、下記旅行社口座まで振り込みをお願いいたします。

      「三井住友銀行 岸和田支店 (当座)235533 (株)新日本旅行」 

     参加者説明会10月12日(水)13:30~14:30 マドカホール(3階・第2会議室)

     1グループ1名はご参加ください。全員出席いただかなくても結構です。

    旅行社作成の日程表はコチラ

    旅行申込書(word版)はコチラ

    朝鮮通信使と岸和田市の関係については15周年記念講演会のレジメをご参照ください。コチラ

     

    恒例のゴルフコンペ実施いたします。

    参加希望の方はお申し出ください。

     日程 1125日(金)9:29スタート 6組 竹・梅コース

       会場  岸和田カントリー倶楽部

       会費  5,000円    ※6インチリプレース ハンデはダブルペリア方式

    ※ゴルフ部会の名簿に登録されている方には9月中旬までに案内の往復ハガキを送らせていただきました。

        エントリー・組み合わせの関係がありますので10月25日までにはがきは必ずご返送ください。

        昨年まで案内状が届いていない方で参加希望の場合は事務局又は役員までご一報ください。

        案内はがきをお届けいたします。

     

       2016年6月3日(金)岸和田グランドホールにて2016年度定期総会を開催いたしました。

     今年度の総会は役員改選の年にあたります。2015年度の事業報告と決算報告を承認いただいた後に役員改選を行い、役員体制を強化するため理事の増員を承認いただきました。続いて2016年度の事業計画と予算も承認されました。

     総会に続いて行われました懇親会では、会長挨拶のあと、来賓として岸和田市長信貴芳則様、岸和田市議会副議長西田武史様、在大阪大韓民国総領事館総領事 河泰允(ハ テユン)様の挨拶文を領事 姜鎬曾(カン ホズン)様が代読いただき、最後に、岸和田市の姉妹都市のソウル特別市永登浦区からお越し頂いた訪問団6名を代表して、永登浦区韓日親善協会 会長 韓榮洙(ハン ヨンス)様にご挨拶を頂戴し、協会顧問の久禮修一氏による乾杯の発声で会食が始まり、和やかな歓談のうちに交流を深めました。

    ○開催日時:2016(平成28)年6月3日(金曜日) 総会:17:30~18:15 懇親会:18:30~20:30 

      総会参加者数 81名(招待15名、役員21名、法人13名、個人31名) 総会のみ出席:1名

     総会の詳細は  コチラ  


お知らせ一覧